WindowsXP + VisualC++ 7.1の環境に,wxWidgets(wxWindows)のインストールをしてみます.

wxWidgetsをダウンロード

まずはhttp://www.wxwindows.org/からwxWidgetをダウンロードします.
左のメニューから「Download」を選択し,stable releaseのWindowsとたどり,
wxMSW-2.4.2-setup.zip(等)をダウンロードすれば大丈夫です.

wxWidgetsのインストール

先ほどダウンロードしたファイルを展開し,setup.exeを実行してください.
これは普段,アプリケーションをインストールするのと同じ感覚でできます.

環境変数の設定

wxWidgetsのインストーラは,MSIを使っているのに,環境変数の設定をしてくれません.
仕方が無いので自分で設定します. マイコンピュータのアイコンを右クリックし,詳細設定のタブから環境変数の編集画面を開きます.
追加ボタンを押して,WXWINという環境変数を追加します.値はwxWidgetをインストールしたディレクトリです.(C:\wxWindows-2.4.0とか)

wxWidgetsのコンパイル

wxWidgetsのライブラリは全てソースコードで提供されていますので,自分でコンパイルする必要があります.
VisualC++を使っている場合は,$(WXWIN)\src\wxWindows.dswを開いてください.
いくつかのソリューションがありますが,それぞれ別のDLLやLIBが作られます.
面倒なのでビルド→バッチビルドを使って,全てのソリューションでビルドします.
unicodeを使う予定の無い人や,DLLかLIB片方だけで良い人はチェックするソリューションを選んでビルドしても大丈夫だと思います.
無事ビルドできれば完了です.失敗した方は,環境変数辺りを見直してみてください.


プログラミングに戻る

  • wxWindows.dsw が Current Stable Release: wxWidgets 2.8.0 の中にありませんでした。
    sango 2007-02-14 22:53:46 (水)

お名前: